堺工業では、様々な金属加工製品(圧造部品・特殊ねじ・リベット・研磨・切削・プレス加工品)などを手掛けております。昭和63年からの実績とノウハウがございます。 冷間圧造/切削加工/リベッティング&プレス/金属部品パーツ

カム式二次加工機

NCは複雑な加工は得意であるが速度が遅く大量生産には不向きであるため、高精度は維持しつつも、より安く、速くといったお客様への希望に対応するため弊社ではカム式二次加工機を採用しております。

導入しているカム式二次加工機の実績

自動車業界では、日本車含めた諸外国のメーカー向け部品加工において長年の実績

家庭電気製品業界・建築業界での短期間に多くの切削加工品が求められる季節商品等

冷間圧造(ヘッダー加工)

堺工業では、冷間圧造(ヘッダー加工)も対応致します。出来る限り切削での工程・削る範囲を少なくし、材料のロス・作業工程を軽減いたします。
多段ヘッダー・パーツフォーマーを使用すれば、冷間圧造によって線材を1つの工程でより複雑な形状に加工することが可能です。
 
 

圧造(ヘッダー)加工製品画像圧造加工(ヘッダー)製品画像

冷間圧造(ヘッダー加工)のメリット、デメリットは?

特 徴
 
素材をそのまま加工するため、切削加工と違い材料ロスも少ない上に、加工スピードも早い。熱間鍛造加工,温間加工に比較しても、熱による歪みも少なく、加工精度が高いため、高精度で均一な製品を作ることが可能。

メリット
  • 金型で成形するので安定した製品を大量生産できる。
  • 材料のロスがほとんど無い。貫通部品でもごくわずかである。
  • 量産する場合は切削加工に比べ低コストで製造できる。
  • 製品は金属組織が強化されるため切削品より強度がある。

デメリット

  • 金型が必要なため、金型製作期間がかかる。
  • 小ロットではコストメリットがでない。
  • 機械により物理的に加工範囲が制限される。

SK 堺工業

〒591-2842                大阪府堺市北区金岡町2842
PAGETOP